00.はじめに

2007年7月11日 (水)

電子母子手帳開始

多分最初で最後の経験だから、ちゃんと記録残しておこうかなと。
メインの某日記は最近お休み気味。アクセス多いのに申し訳ないけど、
妊婦日記書ける雰囲気じゃないもんでスンマセン。

■経緯

2007年
04/19:
医者行って妊娠6wといわれる。

04/20:石川に単身赴任中のダンナに電話。
     「私子供できたよ~~」「…マジ!?」

05/某:

毎週検診してた頃。
12w?くらいに、「母子手帳もらってきなさい」といわれる。
つわりは「食べづわり」の方っぽい。四六時中気持ち悪くて、食べるとちょっと収まるみたいな。
仕事は某システムUI設計開始で顧客との打ち合わせで週3回くらい出張あり。死ねる。
電車バスでの移動は酔って仕方ないのに、1日で2箇所くらい会議場所への移動出張あり。
休みたい…。

特に食べまくったわけじゃないけど(ダンナはタバコやめたせいだろと言う)、順調に体重増える。
3ヶ月で既に+6kgくらい。ワハハ。
でも、胸のサイズアップももう始まって(本読むと、7~8ヶ月くらいと書いてあるのに)、すでに
ブラジャーきつい。買い換える。バスト98cmってあーた。妊娠3ヶ月でバストが+10cm。
絶対増えた体重のうちの2,3kgは胸の重さだね!

05/後:

叔父が交通事故で、父が家に2週間泊まりに来る。
父娘生活でちょっとリズムが狂うけど仕方ない。父も毎日病院まで2時間近くかけていくの大変そう。

06/04:

ダンナが8ヶ月間の単身赴任修了。もどってくる。

06/某:

まだ産む病院が決まってない。
不安(ダンナがさらに転勤になるかも、という話が出ていたため)。

06/某:

産院に電話しまくるものの、4軒に「12月分娩分の予約はいっぱい」と断られる。
超不安。体重+7kgくらい。

06/中:

新横浜某産科専門病院で、ようやく分娩予約取れそうな手ごたえ。
それまで行ってた個人医院で紹介状書いてもらう。お世話になりました。
会社休んで早速病院行ってみる。とにかく分娩予約取れてない状態が不安でたまらない。
ダンナも会社休んでついてきてくれた。結構感激。

06/中:

新横浜某産科専門病院で分娩予約できたー。ほっと一安心。
先週、個人医院で定期健診受けたばかりなので、今日は特になし。でも経膣超音波検診される。
個人医院ではすでに経腹超音波(しかも個人医院なのに4D)だったので、ガックリ。
順調ですよ、とのこと。

そのまま血液検査等々をして、手付金(10万)払って分娩予約。
おそらく最初で最後の出産だから(私もダンナも子供諦めてた年だからねー)と、
ダンナが特別室予約をしてくれる。
うは、その金を産まれてくる子供に使った方が…!と思ったもののまー黙っておこう。

07/頭:

妊娠5ヶ月に突入。つわりほぼ終了。
つわり終わると同時に、体重の伸びもストップ。+7kgで現状維持。
…というか、最近目に見えて腹膨らんでるのに体重変わってないとこみると母体的には減ってるのか?
BMIが普通の人は、分娩時に+8kg~+12kgくらいの増加に抑えるのが理想とのこと。
別に食べに食べて太ったわけでもないので気にしてない。+7kgでもまだBMIは普通範囲だ。

5ヶ月で、既に結構な腹の大きさ。雑誌の妊婦モデルとかよりもかなり大きい。
大きく育つのはよいことだ。健康に産まれてくることだけを願う。

あからさまに腹が出てきたので、ダンナもかなり「子供が出来た」ことを自覚したっぽい。
最近やたらやさしくて嬉しい。自分から「たまごクラブ」とかも読んでいる。

通勤は徒歩10分+バス30分+徒歩15分。バス乗ったあとの徒歩が結構キツイ。
仕事は回りが気づかってくれるのでありがたや。
朝早く行って、やることやって定時で帰る生活を心がける。

今週土曜日は定期健診。火~木までダンナが大阪出張で木曜日の検診に行けなかったので、
土曜日だ。予約できない日なので朝7時には家出て病院向かう予定。それでも午前中は潰れるだろな。
(当然のように)ダンナが病院一緒に行こうとしてくれることに感謝。

日曜日は戌の日なので、水天宮に安産祈願行く予定。

…というのが現在までの経緯。

| | コメント (0) | トラックバック (1)