« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の2件の記事

2011年7月26日 (火)

直径8ミリのビーズが3歳児の鼻に詰まったらどうなるのか、のハナシ

タロさん(仮名)の生後3歳7ヶ月と27日いろいろメモ


どうなるも、こうなるも、、、、取れなくなりますがな。
…ということで、タロさん久々のギャン泣き体験記。


--------

その日は珍しくダンナが早上がり(出張先からの直帰)。
久しぶりに平日家族3人でゆっくり団らんしながら夕食取れるね~なんて思いつつ、食事の準備していた私です。タロさんは、お父さんがいるので大はしゃぎ。

「おとーさーん、見て見て~、はなぢ~~(笑)」

本人、鼻の穴から何かを出して笑いを取ろうとしたようです(普段こんなことしないのに)。…が、次の瞬間泣き声に。
「取れない~~;;;;;;;;」
何が起こったかわからない私とダンナ。タロさんが、ビーズがビーズがと言うのでようやく「鼻の穴に詰めたビーズが取り出せない」という異常事態になっていることに気づきました。

「フンッて鼻から息出して!フンッて!!!」

と言って、ようやくコロリとビーズがこんにちは。ほ~~っ;;;;冷や汗かいたよー;出てよかったね~;;;でも、タロさんはさらに泣くのです。痛い痛いと。????????  !!? もしかして、もう一方の鼻にも詰めた!?

片方だけだと勝手に誤認しました。
慌てて確認すると、右鼻のか~~な~~り奥に固いものが…。うわ、これは痛そう。鼻からフンッと息出しても、出来ない~痛い~と泣き続け。これはいかん。ダンナはもう救急ホットラインに電話して、開いてる病院を探し始めました。その間、私のしたこと。


(1)タロさんを寝かせて、正常な方の鼻の穴をふさぎ、人工呼吸状態でタロさんの口から息を思いっきり吹き込む。
 →理論的には、もう片方の鼻に息が抜けるわけだからビーズが押し出されてくるハズ。

 何度かやったら、ちょっとだけ押し出されたようで「痛い痛い;;」と言わなくなりました。でも取れない!


(2)赤ちゃん時代の「鼻吸い器」を探し出して、それで思いっきり吸う。
 →息で押しだす方式から、息で吸いだす方式に変更。

 これも何度もやったら、さらにちょ~~っとだけ前に出てきたようで本人違和感はあるもののケロリ状態。でも出てこない~~;


なんとか診てくれる病院と連絡がついたので、慌てて車で30分。病院いやだと泣いてたタロさんを、ゴーカイジャーの本やおやつでごまかしてt連れていったんですが、あまりにもケロリ状態なので、「えーと、ほんとにビーズ詰まってるよね?」と何度も確認した私。「詰まってなかったらそれはそれでよかったってことだ。」とダンナが言うので、まぁそうねとそのまま病院へ。

病院ついてもタロさんが泣いてないせいか、あまり救急の雰囲気ありません。いつのまにかビーズ取れたか、喉の方に落ちて飲み込んじゃったんじゃ?と私も思うほど。でも鼻をぐわーっと広げて確認してもらったら、見事にありましたオレンジ色の直径8mmのビーズが。器具使って取り出してくれて、無事一件落着。は~~~;;;よかったよ~~~;;

タロさん「どうもありがとうございました!」と自らペコリ。
「もう鼻に詰めたりしない;;;」と大反省のタロさん。


平穏な月曜日・・・のハズが超大慌ての夜になったけど、大事にいたらず本当によかった。タロさんが「鼻に何かを入れると取れなくなる”こともある”」というのを学習したのが一番の収穫かもしれません。


 
 
----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
3歳児の成長記録トラコミュ
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (2)

2011年7月12日 (火)

保険の見直しと男って腹が立つ、のハナシ ~3歳7ヶ月~

タロさん(仮名)の生後3歳7ヶ月と13日いろいろメモ


一週間くらい前の話ですが、漫画家・和田慎二さんが亡くなったというニュースは衝撃でした。
スケバン刑事もピグマリオも少女鮫も明日香シリーズも、この人の著書は全部ぜーーんぶ持ってます。現在連載中の傀儡師リンの続刊も待ってるのに、突然の訃報でした。残念です。61歳、まだまだ若いのに・・・本当に残念です。

 

■保険の見直し

生命保険(私加入分)の見直しを行いました。
来年の誕生日で契約更新となるので、このままだと現在23,000円/月の支払いが34,000円/月にもなるのです。高いって。

現在の23,000円でも十分高い…と思われそうだけど、これ実は2年に1度30万円のペイバックがあるタイプ。なので月々23,000円の保険料と言いつつその内訳は「保険料10,500円+貯金12,500円」という状態なのです。しかも、ペイバックな30万円は引き出さないでそのまま保険会社の口座に入れておいてもいいという。

普通預金の金利が0.04%とアホみたいに低い昨今、その保険会社の口座は何と金利1.00%。12年6回分のペイバック(30万×6回)が貯まったな~と思っていたら、その高い利率のおかげで利息が15万円もついていました。何コレめっちゃ嬉しい。
ずーーーっとその口座に入れておきたいわ状態なんだけど、同じ条件のまま更新すると前述の通り月34,000円に↑↑↑ さすがに掛け捨て部分が月2万以上になるのはありえない。ってことで大幅な見直しをば。

結局、「死亡保障=今までとほぼ同じ、医療保障=60歳までだったのを終身に変更」しました。
保険料払い込みが終わった後も、70歳80歳90歳になっても入院時や手術時に保険が下りるタイプです。かなりイイ。
この見直しだと保険料がさらにどどんと上がるのだけど、前述の「保険会社の口座に貯まった利息含めた約200万円」を頭金として一括払いで投入。その結果、保障が今までより充実したのに月々の支払いが23,000円→7,500円にまで大幅ダウン。

金貯めること自体が好きな私ですが、貯まった金を役に立つものにどっかんと使うのは気持ちいいです。
給料からの月々の天引き額が15,000円以上も減るので、給料増えたような錯覚にとらわれそうです。フフh
とりあえず払い込みが終了しても、医療保障が終身でキープされるってのは心強いので、いい見直し出来たなと思う今日この頃。

 
 
■男って腹が立つ

男の人って、どうして人の話を「そりゃ大変だなぁ」とか「へー、そうなんだ」と相槌うつだけのことが出来ないんでしょ。必ず何かしら言うから、もう疲れます。それが男脳だといえばそれまでなんだけど。

 
◆会社で元上司との「雑談」
私:「これこれこういう理由で○○って言われたんですよ。むかつくー!」
上:「そこは実績書にまとめとけよ」 ←★

そこは「そりゃムカツクな!!」と言ってくれりゃいいんすよ。進捗会議じゃないんだから。
雑談なのに何でいちいち対策案を出すの。


◆同じく会社で別の上司との「雑談」
私:「○○になっちゃいそうですよアハハ」
上:「それは提案書作ってアピールするんだ!!」 ←★

「そりゃ難儀だなぁ笑」と相槌打てば終わる話なんだってば。雑談なんだし。エスカレーションしてるわけじゃないっての。仕事してるのに、その中でのちょっとした愚痴なのに、「さらに仕事せい」と言われるとふざけんなと思うんじゃて。

 
◆ダンナとの夕食時
私:「今日、漫画家の和田慎二さんが亡くなったってニュースで言ってた。ショック~。」
夫:「読んだことないから知らん。」 ←★

意味がわからない。
私がショックだと言ってるのに、それに対するリアクションはないのか。


たまには愚痴りたい時もあるけど、愚痴ると逆にめんどい。それが男。多分タロさんも今にそうなる。って言うか、男性相手に愚痴った私がワルカッタ。

 
 
 
----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
3歳児の成長記録トラコミュ
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »