2017年8月 6日 (日)

タロさん、4年生になってます。

あっという間ですね。

3年生の冬の初め、突然言い出しました。

「中学受験をしたいから塾に行きたい。」

…なんですと? ←考えたこともなかった人
本人の意思が固いのを確認した後、某塾の入塾試験を受けて無事合格。
3年生の2月から中学受験塾に楽しそうに通ってます。


仕事続けていてよかったと思いました。

 1.塾に行きたい、私立中学に行きたいと言われても「いいよ」と即答できたから。
 2.受験までのスケジュール管理って、仕事でのWBS管理と大差ないなぁと思いつつ出来るから。

以上、近況まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

年中さんと習い事と人間関係と

最近のことを徒然と。


タロさん

保育園の年中さんになりました。担任の先生は、2歳児クラスにいた頃のタロさん担当だったM先生。よかった知ってる先生だったと思ったのはワケがあって、タロさんの通う私立認可保育園は、どうも先生の定着率が悪いのです。

去年度、退職・転勤で入れ替わった先生は、1年で20人/38人(53%)。どんだけ入れ替わるねんというペース。タロさんが1歳児クラスにいた頃の担任の先生(6人)は、今回の異動・退職でとうとう1人もいなくなってしまいました。うーむ。

いろいろ考えたわけです。


  • 女性の多い職場なので人間関係が大変。
  • 若い女性の先生メインなので、年取る(30間近)と何となく居づらくなる。
  • 産休入りました→辞めました、のコンボが何回かあった。育児休暇なぞ取らずに子供が大きくなったら復職しなさい、な雰囲気なのかもしれない。
  • モンスターペアレンツが実は多くて心身症になって辞めたとか。
  • 3年勤めたら転勤というような系列園統一ルールが実はあるのかも。
  • 定期的にある転勤がイヤになって退職した。

ま、実情はわかりません。
わかりませんが、大切な我が子を預けているのに教室に知らん先生ばっかの時があるわけですよ。子供は順応してるので楽しそうなんですが、「あ、タロくんのおかあさん、今日はですねー」と話しかけてくる先生が顔と名前に全く見覚えない人だと、思わず「名を名乗れ」と言いそうになります。あんた誰やねんと。

先生は皆エプロンしてくれたらわかるんだけどな。

初めての習いごと

保育園の設定保育で、毎週金曜日は「体操教室の日」。タロさん、金曜日をそれはそれは心待ちにしています。体操教室といっても専門的なことをやるわけではなく、マットや跳び箱・鉄棒・平均台等を年齢に合わせてうまく使っているようですが、「あしたはたいそうきょうしつだー!」と前日からいつもいつもタロさん興奮しているのす。

そんなに楽しいのなら、とその「体操教室」を教えてくれている先生が別途開いている有料の体操教室(課外活動という形で保育園で実施)に申し込みました。先日体験兼ねた第一回目があったんですが、めちゃ楽しかったとのこと。ということで初めての習いごと開始です。週1回で月5,700円。高いな!と思う前に、いい商売だな!と思った私はいけないおばさん。
私も教師免状(いろいろ)持ってるから、幼児ターゲットにしたら実は儲かるんじゃ、とかいろいろシミュレーsh(げほげほ

…個人事業主になると雑務が大変で(軌道に乗るまでは)割に合わなそうです。

私のこと

「人間関係」と書いて「しごと」と読む。
最近、本気でそう思います。どれほど仕事をガシガシやってても、つまづくのはちょっとした言い回しの違いによる人と人とのトラブル。言った言わないの応酬。当然、そういうことのないように打合せメモも取りますし(プロジェクタ投影しているPCで、皆に見えるように書く)、いちいち確認は文書(メール)で取りますし、説明するための資料も作るわけですが、それでも誤解が発生するわけで。あぁめんどくさい。

「わかってない人にわかるように」説明する仕様書をひたすら作るわけです。でも、それがへたくそな人もいるわけです。「わかってない人がいるのにわかってること前提で」説明する資料をひたすら作る人とか。マテマテ。それじゃ打合せが進まない。わからない人に伝わらない。それを指摘するとブーたれる。あぁめんどくさいからプライドは捨ててくれ。

「わかってない人にわかるように説明する」のが下手くそなのは、圧倒的に男性です。まぁ、うちの職場の男女比が9:1のせいでしょうけど。わかってないというサインを送ってもその程度じゃ気付かない。「わかりませーん!」と大声をあげて初めて、「あ、ならその説明から…」となるわけで。ちなみに私が恥をしのんで「わかりませーん!」と言うと、「助かったよ、オレもわかってなかった(笑)」と言う男性人の多いこと多いこと。もうそんな使えんプライドは本気で捨ててくれ。

 
とまぁ、こんな日々。


 
----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

タロさんに教えなくてはいけないと思っていること

派遣プログラマとして3ヶ月契約で来ていたAさんが、先日予定通り契約終了して退出しました。私としては、可もなく不可もなくという仕事ぶりだと思っていたんですが、直属のリーダー視点ではいろいろ物足りない点があったようです。契約更新しない、と即断でした。
んで、Aさんの代わりにBさんが来たんですが、その時に両方の職歴書を見る機会があってたまげました。


  • Aさん:国立T大学卒
  • Bさん:国立H大学大学院卒

就職氷河期を実感した一瞬。


 
-----
タロさんブーム。
「濁音・半濁音を清音になおして言う」というもの。


  • 「かめんらいたーてんおう」
  • 「きいろいほうしのおしさん」

「仮面ライダー電王」「黄色い帽子のおじさん(おさるのジョージの)」と言ってるだけなのに、口に出すと妙におかしくてギャハギャハ笑う私とタロさん。


 
-----
タロさんに教えなくてはいけないと思っていること:その1


道を覚えるということ

「まわりにどんな家やお店があるのか、よ~~~く見ながら歩きなさいね。」
「後ろ振り返って、どんな道を通ってきたのか、よ~~く覚えておきなさいね。」
「歩いている時、どこに太陽があるのか意識しておきなさいね。」

初めての道を通る時は、必ず言ってます。
道行く景色を愛でながら、の~~んびり歩く…ってのは慣れた道の話。初めての道は、自分がどこから来てどっちの方向に向かっているのか把握しときなさい。そうしたら、たとえ迷ってもどういう道から来たのか人に説明が出来る。どのあたりでわからなくなったのか説明出来る。説明できなきゃ最悪、家に二度と戻れないかもしれない。だからよ~く周りを見ながら歩きなさい。

…というのは、私が父から教えてもらった心得。
転勤族で、短いスパンで引っ越しを繰り返して「初めての地」ばかりを渡り歩いていた私達兄妹を心配しての言葉だったかもと今は思います。引っ越し直後の初めての地でも子供って鉄砲玉のように遊びに行きますし。
幼い頃からのその教えのおかげで、私は道に迷ったことがありません。

タロさんにもしつこく言っているせいか、道を結構覚えてます。あ、ここ3歳の頃に通ったとこだ!とか。赤ちゃんの頃に通ったとこだ!とか。赤ちゃんの頃ってのはウソだろチミ。

 

その2は文章としてまとまってないため、いずれまた。

 
 
----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (1)

2012年2月 7日 (火)

最近のタロさんと最近の私と。

そろそろ出来るんじゃないかと、タロさん(4歳2ヶ月)にトランプを教えてみました。
神経衰弱はあっという間にルールを理解して、寝ても覚めても「神経衰弱しよ、神経衰弱しよ」

楽しく遊べるんですが、神経衰弱はかなり集中しないとさっぱりゲームが進まないので、何時間も連続でやるのは(親が)しんどいです。なので、今度はババ抜きを教えてみました。こちらもあっという間にルールを理解して、親子で楽しいトランプタイム。一緒に遊ぶ親も楽しい室内ゲーム(トランプ、オセロ、将棋など)は、いつになったら出来るかなぁと思っていたんですが、ようやく実現して嬉しい限りです。

ただ、寝ても覚めても「ババァ抜きやろ!ババァ抜き!」と言うのは勘弁。ァはいらぬ。
 

一ヶ月ほど続いた軽い登園拒否は解決しました。

「タロくん、保育園好きー!」
「だってアイクリップ(ブロック系のおもちゃ)楽しいんだもん!」

そ、そんな理由…?

------
最近の私。

ここ半年ほど(夏後半くらいから)、仕事に水筒を持って行ってます。中身は熱い生姜湯(市販の甘いヤツ)。
規定湯量だと甘すぎるので規定の3倍ほどの湯で溶いて、仕事中に飲んでるわけです。集中して仕事にのめりこんでると(新規の設計とか特に)、頭が糖分をめちゃめちゃ要求するようなんです。私は。

去年春からずーっと繁忙期だった結果、甘味を求めすぎてちょっと太ったんですが、オヤツの代わりに生姜湯を飲むようになって体重が戻りました。嬉しいことに、冷え性も相当改善されている気がします。

 
確定申告の季節。
去年一年で医療費三桁万使ってました(イロイロあったのです)。蓄えと健康って大事だな~と遠い目。医療費控除の還付金が20万超えそうです。いいんだか悪いんだか。

 

----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

謹賀新年と登園拒否と。

あけましておめでとうございます。
今年も無理しない程度にぼちぼちと更新していく予定です。


以下、年末年始の出来事など。


12月29日
空路で私の実家へ帰省しました。
家→(タクシー)→羽田空港→(搭乗ゲートからバス)→(飛行機)→高松空港→(迎えの車)→実家
なんだかんだで4時間強。タロさんは、タクシーとバスに乗れたのでご機嫌。


12月30日
香川名物(?)のカキ焼きへ。
大人2,600円で焼き牡蠣食べ放題。もういらんというほど(20~30個)食べた気がします。美味しかったー。
タロさんも美味しい美味しいと牡蠣5,6個食べました。


12月31日
タロさん、初のスケートへ。
まだ早いじゃろーと思っていたんだけど、(私の)親が行ってこいこいというので行ってみました。
おもしろーいと言いつつも、氷の上は怖いようで1/2周滑って終わり。まぁそんなもんだね。
タロさん、氷の上以外だと意外やスケート靴でしゃかしゃか歩いてました。へぇ。

午後は墓参りなど。
どんぐりが山ほど落ちていて、タロさん夢中で拾ってました。
「落ち葉の合間にどんぐり」ではなく、「どんぐりの合間に落ち葉」ってな勢いで落ちてます。どんぐりの絨毯。多すぎ。


1月1日
元旦。午前中は初もうでへ。
午後はゆっくりしたり、明日の準備をしたり。


1月2日
朝から家で法事。私の祖母の三回忌です。
主催家の娘なので、座る暇もなくお手伝い。


  1. 9時すぎ。法事招待客がぼちぼち来訪。そのたびにお茶出し。
  2. 10時10分前。おじゅっさん(お住持さん=お坊さん)到着。お茶出し。
  3. 1回目の座(お経読み)開始。おじゅっさんの横に別のお茶出し。
  4. 先に出したお茶碗を全部(20個以上)下げ。
  5. 1回目の座(約30分)終了。10分休憩。すぐに生菓子とお茶出し(全員分)。
  6. 2回目の座(お経読み)開始。おじゅっさんの横に新しいお茶出し。
  7. 座中に1回目のお茶碗と菓子皿下げ。
  8. 2回目の座終了。10分休憩。今度は干菓子とお茶出し(全員分)。
  9. 3回目の座(お経読み)開始。おじゅっさんの横にお茶出し。
  10. 座中に2回目のお茶碗と菓子皿下げ。
  11. 3回目の座(お経読み)終了。
  12. ちょっとお説教があっておじゅっさんのお帰り。
  13. 昼食はマイクロバスのお迎えでお座敷料亭へ。
  14. 14時前にまた家に戻り。
  15. すぐ帰路に着く人以外には、お茶&果物出し。
  16. 長居している人にはコーヒーも出したり。
  17. 全員帰宅したのは16時。

そんなに茶飲まんでしょ!とは思うんですが、儀礼的なものなので粛々とひたすらお茶を入れるのです。
こういう時にしか使わない、お客様用の茶わんや菓子皿が大量にあるので(田舎の家ですから)「毎度洗わなくても足りる!」と思ってたけど、やっぱり頻繁に茶碗洗っては拭いて入れて出してーのルーチンでした。100個程度の茶わんじゃこの「お茶出し攻撃」をしのげない。
ようやく全ての客が帰り(疲れたー)、私たちも慌ただしく帰宅準備。
17時半に実家を出て、21時半に横浜に帰宅しました。ぐったり。


1月3日
いっぱい遊んだタロさん、「きょうは保育園行きたくない」と大騒ぎ。
わかった!んじゃ今日はお父さんもお母さんもお仕事休んで、家でゆっくりしよう!というとタロさん大喜び。そう言うだろうと仕事始めは4日からだけど、無理して1月2日のうちに横浜に戻ってきたのです。

3日もゆっくりして、いっぱい遊んだのにやっぱり夜になったら「明日も保育園休みたい・・・」と。あーあ。
お母さんだって仕事休みたいわー。


1月4日
もっと遊びたい、保育園行きたくないと朝から大ゴネ。想定内。
早めにお迎え行くから、となだめすかして保育園に送り、涙涙のタロさんと断腸の思いで別れて仕事に出勤したのでした。
お迎えに行ったら、遊びに夢中になってたタロさんに「お迎えはやすぎー!」と怒られましたけど(どない

今年もよろしくお願いします。

 
 
----
2歳児の成長記録トラコミュを作りました。
よかったらトラバしてくださいね。↑タロさんは卒業しました。

 
ワーキングマザートラコミュ
2007年11月に出産トラコミュ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

| | コメント (1)

«4歳になりました、のハナシ ~4歳0ヶ月~